行基大士当山の南面にミなぎる瀧壷にのぞミて水想観をなし給へバこつぜんと大悲の御姿あらハれ水中に沐浴(もくよく)衆生(しゆじやう)内外(ないげ)清浄(しやう゛/\)の文(もん)うかミ現(あら)ハれしかバ其御姿を手づからうつし刻(きさ)ミて瀧口に安置(あんち)せらる其後花山法皇の御順礼(じゆんれい)の時けんその山ハ結縁(けちえん)あまねからずとてふもとへ御堂をうつさせたまひける

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved