当山の本尊ハ聖武帝国母(こくぼ)の御願によつて行基大士へ作らせ給ふ躯(れいく)なり御詠哥(えいか)ハ平(たひら)の時頼(ときより)公なりといふ此公天下政道のため諸国を巡回(じゆんくわい)して当地に来り本尊の由来の尊きを聞て伽藍(がらん)を造営(さうゑい)ありしかバ益子(ましこ)寺を西明寺とあらためられしとなり

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved