当山の本尊ハ広大(くわうたい)なる岩なれバ罪(さい)悪おもきものハ御姿ををがむことかなハつ昔三河吉田の農(のう)人家まづしくて妻と三歳の男源三郎を残して鎌倉へ稼(かせき)に出しが下野宇都宮(うつのみや)の女に馴染(なしミ)て終に女のさとへ行けるが国の妻ハ死して源三郎十二才になり父にあハんと乞食(こつしき)をして当国へ来り此くわんおんの利益によつて父子対面(たいめん)したるげんあり

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved