当山岩洞(いハや)像ハ十一面背(うしろ)むきの自然石(じねんせき)なり弘法大師是をはいして斯(かく)のごときいハやへ参(さん)けいハ諸人のなんぎなれバ外に御姿をもとめんと祈念(きねん)せしかバこつぜんと大木の杉のうへに千手の御すがたをあらハしたまへバそれを一夜のうちにうつし彫(ほり)給ふこれ今のじゆん礼堂の本尊なり

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved