伊香保姫(いかほひめ)
 推古帝(すいこてい)の御宇(きよう)高邉(たかのべ)左大将(さだいしやう)家茂(いへしげ)当国(たうごく)に謫(てき)せられて深須(ふかす)の郷(さと)に在(あり)けるが勅免(ちよくめん)ありて南都(なんと)に上(のぼ)りたる跡(あと)にて継母(けいほ)先妻(せんさい)の三女(ちよ)を妬(ねた)ミて吾妻川(あづまかハ)〈とね川上〉にて二女(ぢよ)を殺(ころ)し猶(なほ)伊香保姫(いかほひめ)を況(しづ)めんとせし時(とき)懐(ふところ)より守仏(まもりふつ)の観音(くわんおん)験(れいげん)ありけれバその難(なん)を免(まぬかれ)ていかほの里(さと)に隠(かく)れて住(すミ)しか゛/\のことを都(ミやこ)へしらせけれバ兄(あに)家定(いへさだ)下(くだ)りて継母(けいぼ)を里(さと)へ追放(おひはな)ち姫(ひめ)を連上(つれあが)ツて高光(たかミつ)に嫁(か)さしむ姫(ひめ)慧灌(ゑくわん)僧正(そうじやう)にたのミて彼(かの)守仏(まもりぶつ)を本尊(ほんぞん)として当所(たうしよ)に一宇(いちう)を建(たて)給ふこれ水沢寺(すいたくじ)の始(はじめ)なり

法楽寺蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved