郷士(がうし)高崎氏(たかさきうぢ)
 高崎(たかさき)某(なにがし)は天性(てんせい)篤実(とくじつ)の者(もの)にて仏教(ぶつきやう)を貴(たつと)び四十二の厄難(やくなん)を免(まぬ)かれんと願(ねが)ふ時(とき)しも行脚(あんぎや)の僧(そう)来(きた)りたるを請(しやう)じてこれを語(かた)りけれバ旅僧(たびそう)答(こた)へていふ貴方(きはう)しらずや当所(たうしよ)に役(えん)の行者(ぎやうじや)の場(れいじやう)白岩(しらいハ)といふに柳(やなぎ)の木(れいぼく)ありこれを御衣木(ミそぎ)として十一(めん)の像(ぞう)を作(つく)りあたふべし此(この)例(ためし)ハ魏(ぎ)の道泰法師(だうたいほうし)四十二の厄(やく)にあたりて観音(くわんおん)を念(ねん)じて病死(びやうし)を免(まぬか)れ長寿(ちやうじゆ)をたもちしことあれバなりと示(しめ)して終(つひ)に五尺余(よ)の尊像(そんぞう)を刻(こく)して与(あた)へ名(な)もいはずに去(さり)けるが蓮坐(れんざ)の裏(うら)に行基(ぎやうぎ)と印(しるして)ありたるを見(ミ)て是(これ)ぞ正(まさ)に大士(だいし)の化益(けやく)と歓喜踊躍(くわんきゆやく)して梵刹(ぼんせつ)開基(かいき)の檀主(たんしゆ)となりしかバ家内(かない)無病(むびやう)にて富(とミ)栄(さか)へけることふしぎの験(れいげん)なり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved