人王三十四代推古帝(すゐこてい)の御時漁夫の網にかゝりて上り玉ふ像にて開山ハ勝海(しようかい)上人なり昔此地に一ツ家の姥(うば)ありて一人の娘をもち旅人を宿らせて石の枕(まくら)をあたへ釣天井をおとして人をころし衣服(ふく)路銀(ろぎん)をうバひしが此大士美少年と化して泊りたるをころさんとして我娘を殺せしかバ俄(にハか)に蛇身となりてたゝりをなせバ是を弁天に祭れり

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved