見不知森(ミしらずのもり)
 当山(たうざん)の旧地(きうち)ハ今(いま)より五六丁北(きた)の方(かた)に見不知森(ミしらずのもり)といふ所(ところ)なり爰(こゝ)ハ八幡(やはた)しらずの如(ごと)く恐(おそ)れて芻(きこり)(くさかり)も入(い)らざりしに天平(てんへい)年中(ねんぢう)行基(ぎやうぎ)来(きた)りて此(この)山(やま)に篭(こも)りし処(ところ)ふしぎと法華経(ほけきやう)を読(よむ)声(こえ)のしけれバ荊棘(いばら)をかきわけて見(ミ)けるにはたして此(この)像(れいぞう)を感得(かんどく)し俄(にハか)に仏閣(ぶつかく)を営(いとな)ミて観音(くわんおん)の場(れいじやう)となりしが後年(こうねん)鎌倉兵乱(かまくらへうらん)の砌(ミぎり)地魚(ちぎよ)の災(わざハひ)に本尊(ほんぞん)火中(くわちう)より飛(とん)で今(いま)の地(ち)の大樹(だいじゆ)に止(とゞま)り玉ふがゆへこゝを有縁(うえん)の地(ち)と定(さだ)む当寺(たうじ)に星(ほし)の井(ゐ)あれバ星谷寺(せいこくじ)といふ又(また)本尊(ほんぞん)山中(さんちう)にて自(ミづか)ら法華経(ほけきやう)を読(よみ)玉ふがゆへ則(すなハち)妙法山(めうほうざん)といふなり

法楽寺蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved