源頼朝卿(ミなもとのよりともきやう)
 当山(たうさん)の開基(かいき)ハ大和(やまと)の長谷寺(はせでら)の開山(かいさん)徳道上人(とくだうしやうにん)又行基(ぎやうぎ)もその功(こう)ありといふ頼朝卿(よりともきやう)蛭(ひる)の児島(こじま)に在(まします)とき文覚上人(もんがくしやうにん)此(この)本尊(ほんぞん)に厚(あつ)く御信心(ごしん゛/\)を勧(すゝ)め奉(たてまつ)りしに大悲(だいひ)の利益(りやく)むなしからず石橋山(いしばしやま)にて御敗軍(ごはいぐん)の節(せつ)にハ怖畏軍陣中(ふいぐんぢんちう)念彼観音力(ねんぴくわんおんりき)衆怨悉退散(しうおんしつたいさん)の妙句(めうく)の如(こと)く已(すで)に当尊(たうそん)船長(ふなおさ)に化(け)し給ひ公(きミ)を房州(ばうしう)洲(す)の崎(さき)へ渡(わた)し給ふ応験(おうげん)ありしかバ御治世(ごぢせひ)の上(うへ)ハ毎月(まいげつ)御参詣(ごさんけい)ありて都(すべて)の御願(ごぐわん)も皆(ミな)此(この)尊像(そんぞう)を祈(いの)り玉ひしこと東鑑(あつまかゞミ)にあきらかなり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved