北條(ほうでう)相模守(さがミのかみ)時頼(ときより)
 当山(たうさん)原(もと)ハ二階堂(にかいたう)観音院(くわんおんゐん)と号(がう)す行基(きやうぎ)慈覚(じがく)恵心(ゑしん)の作(さく)なる十一面(めん)の像(れいぞう)三躯(く)まし/\て其(その)応験(おうげん)あらたなるをもて頼朝卿(よりともきやう)ことに信(しん)じ玉ひて香花料(かうげれう)のため田畠(でんはた)を御寄附(ごきふ)なし給ふ昔(むかし)近火(きんくわ)の節(せつ)御三躰(ごさんたい)庭(にハ)の大杉(おほすぎ)の本に飛(とん)で光明(くわうミやう)かゞやかせ給ふふしぎあるをもて則(すなハち)大蔵山(たいざうさん)杉本寺(さんぼんじ)と改(あらた)めらる行基(ぎやうぎ)の作(さく)の尊躰(そんたい)ハ門前(もんぜん)通行(つうかう)の者(もの)を落馬(らくば)さするふしぎを時頼(ときより)をもつて上意(じやうい)ありけるに依(よつ)て大覚禅師(だいがくぜんじ)袈裟(けさ)を御首(ミぐし)に覆(おほ)ひけれバ其後(そのゝち)ハ落馬(らくば)するものなきに依(よつ)てふくめん観音(くわんおん)と尊(たうと)びける

神奈川県立歴史博物館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved