当山の本尊は楠の自然の古木であり、開基は伝教大師である。
 当国の長生郡獅子ヶ瀬という蓑作りの娘であるお茂利は、この観音を信じていた。また、尾野上村の観音に自分の田植え笠をお着せした功徳によって、朱雀天皇の后妃になられた。尾野上堂および当山の造営をし、中興をしたのは世にも稀なる霊験である。

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved