昔、当地に徳義上人という人がいた。日夜『法華経』を誦していたが、ある夜、乾闥婆王(けんだつばおう)が現れるので、「百済の国王から聖徳太子へ賜った観音の御像が藤原鎌足の末裔で失せていたが、今この阿薩婆(あさば)の梢に現れて汝に授ける」ということを聞いた。その阿薩婆の梢を拝すると、尊像が光明を放っており、礼拝する徳義上人の手にとどまられた。これを行基菩薩が腹籠もりとして大像を作った。今の本尊はこれである。

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved