当山はその昔、生身の観世音が自ら説法をなされたのを、行基菩薩が聴聞し、その御姿を模して丈六に刻んで安置した。すると、聖武天皇は叡感のあまり「三界六道青蓮千葉寺」という御宸筆の額を賜わられた。
 源頼朝公はこの本尊の加護により、東国の武士を味方として平家を滅ぼし源氏の世となった。その報恩として建久三年(1192)に千葉介常胤をもって伽藍を再興せられた。

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved