当山札所の本尊は開基の勝道上人の作である。上人は、立木の千手観音の像を八尺に刻んで、「霊験を現したまえ」とひとえに願ったところ、その像は丈六に成長した。この場所は女人禁制であるので、二里ふもとに祀った。慈覚大師が本尊の末木から一躯を作り、これが女人堂末木の観音といわれている。

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved