伊香保姫
 推古天皇の御代、高邉左大将家成は、当国に赴かせられ、深須の郷に住んでいた。勅免があって南都に上った後に、前妻の三人の娘を妬んだ継母が、吾妻川(利根川の上流)で二人の娘を殺し、さらに伊香保姫を川に沈めようとした。その時、伊香保姫の懐から守仏の観音の霊験があったので、その難を免れた。そして伊香保の里に隠れて住み、しかじかのことを都へ知らせた。兄の家定は下向して継母を里へ追い返し、姫を連れて都へ上って、中将高光に嫁がせた。姫は慧灌僧正に頼んで、かの守仏を本尊として当所に一宇を建立された。これが水沢寺のはじまりである。

法楽寺蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved