慈覚大師
 慈覚大師が、日光山からすももを投げられたところ、虚空を飛んでこの地にとどまって、一夜にして生い茂った。そのことを、多聞天が老翁に化して、慈覚大師に申し上げた。そのため三宝興隆の地であるとして、すぐにこの樹下に草庵を結んで住んでいた。すると不思議な乙女が閼伽水(あかすい)を捧げて来たので、その子細を聞いたところ、「わたしはこの池に住む龍女ですが、大師の法徳が尊いので、天竺の無熱池の水を献じます」といいながら、蛇の姿となって池の中に入った。大師が解脱の法会を執り行うと、その報謝として池の中に七つの島を浮かべ、他に六つの珍しいことがあったという不思議な霊場である。

法楽寺蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved