坂上田村麻呂
 当山の本尊は、当国の領主である吉見兵庫介の守仏であり、この像は岩窟に納め置いていたものである。
 延暦年中(782〜806)、北国の逆賊退治の際に田村麻呂が当所を訪れ、不思議な霊夢を見たことから、その棘(いばら)の生い茂った岩戸を開かせると、岩洞より光明を放つ観音の尊像が現れた。田村麻呂はこの尊像を得るとすぐさま恭敬渇仰し、夷賊を誅罰する際の擁護を祈ったところ、はたして利益を受けた。田村麻呂が都に帰って後、宣命を奉り千歳の霊場とされた。日々霊験があらたかなので、よく人の知られるところである。

埼玉県立博物館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved