飯山権太夫
 当山の本尊は、大和長谷寺の本尊と同じ材木で行基が刻んだものである。領主の飯山氏が権化より感得して以来、信心が篤く、ついに伽藍を建立したので、この地を飯山という。
 昔、この寺に霊鐘があった。これは坂東札所の三鐘の一つで、他の二つは、筑波と千葉にある。
 この寺の鐘は陀羅尼と響く霊器であったが、住僧が撞くのを怠っていた夜、雷鳴がして、不思議なことになくなってしまった。峰の松風が、その鐘の音がするのも、また不思議なことである。近代の住持が法器がなくなったのを悲しみ、本尊に祈って、新しく鐘を鋳て、この空楼に入れた。そして、霊夢のお告げに従って地を七尺余り掘って見てみると、不思議なことに忽然と古い鐘が出てきた。住持は歓喜のあまり、新しい鐘楼を建て、それに鐘を架けたので、人々は、飯山の隠鐘と敬って呼ぶようになった。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved