源頼朝卿
 当山の開基は、大和の長谷寺の開山である徳道上人であり、また行基もその功があるという。頼朝卿が蛭ノ児島にいらっしゃるとき、文覚上人がこの本尊に篤く信心することを勧めた。すると観音の利益があり、石橋山で敗軍した際には、「怖畏軍陣中 念彼観音力 衆怨悉退散」の妙句のごとく、この本尊が船長に姿を変えて現れ、頼朝卿を安房国の洲崎へ渡したという。そのような霊験があったので、頼朝卿の治世には、毎月参詣し、この尊像にすべてを祈願したということが『吾妻鏡』に明記されている。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved