白木利幸氏蔵

〔御詠歌〕
雲はれてあさばを照らす月かげの ひかりをこゝにあふぐ高くら


聖観音堂
 画面右、桁行三間、梁行二間、入母屋造の建物。
 現在は桁行十一間、梁行十一間、入母屋造、銅板葺。
 大永六年(1526)再建。床の高さが七尺余りもあり、床下を人が立って歩ける。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved