白木利幸氏蔵

〔御詠歌〕
たぐひなきめぐみを何そ飯沼の 深き誓ひはくむ人ぞしる


十一面堂
 画面中央、桁行三間、梁行三間、入母屋造の建物。
 現在は桁行七間、梁行 間、入母屋造、瓦葺、向拝付。
 昭和四十六年(1971)再建。江戸時代には十間四面の大本堂が造営されていた。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved