白木利幸氏蔵

〔御詠歌〕
名を聞バふかきめぐミの大谷寺 いのるまことのしるしなるかな


観音堂
 画面右、入母屋造、向拝付の建物。
 現在は桁行四間、梁行二間、入母屋造、銅板葺。
 大谷石の洞穴に建立された観音堂は、元和年間(1615〜24)伝海僧正の再建と伝えられるが、近年改修された。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved