法楽寺蔵

〔御詠歌〕
たのみ来(く)るこゝろも清(きよ)き水沢(ミづさわ)の ふかきちかひを汲(くむ)ぞうれしき

[奉納]
枯木(かれき)にもそゝがバまたも花(はな)咲(さ)かん いつも伊香保(いかほ)の山(やま)の水沢


千手堂
 画面左、入母屋造、瓦葺、向拝付の建物。
 現在は桁行七間、梁行七間、宝形造、銅板葺、向拝付。
 大永年間(1521〜28)に仮堂を建立し、元禄から天明年間(1688〜1789)にかけて改修。

飯綱大権現
 画面左、階段上の鳥居の奥、入母屋造の建物。

弘法大師
 画面千手堂横、入母屋造、瓦葺の建物。

奥の院山道
 画面中央の木々のあたり。

念仏堂
 画面右、瓦葺の建物。

【札名なし】
六角二重塔
 画面奧の院山道の横。六地蔵を安置している。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved