廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
みな人のいのるこゝろは白岩の くちぬちかひのたのもしきかな

[奉納]
 若(わか)みどりめ出(で)たき松(まつ)の上(かミ)ツ毛(け)に 老(おひ)を見(ミ)せたる白岩(しらいわ)の雲(くも)


十一堂(十一面堂)
 画面中央、入母屋造、瓦葺、唐破風向拝付の建物。
 現在は桁行五間、梁行三間、入母屋造、銅板葺、唐破風向拝付。
 天正八年(1580)、武田勝頼により再建。狩野派の絵師牧守俊作の天人奏楽の天井画がある。

十王堂
 画面左、桁行三間、梁行三間、入母屋造、瓦葺の建物。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved