廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
たのもしや慈光の山に登(のぼ)り来(き)て その暁(あかつき)の元に結(むす)べバ

[奉納]
草(くさ)も木(き)も慈悲(じひ)の光(ひかり)の露(つゆ)おけバ よく寐(ね)しづまる都幾(とき)の山風(やまかぜ)


千手堂
 画面左、入母屋造、向拝付の建物。
 現在は桁行三間、梁行四間、入母屋造、銅板葺、向拝付。

納経所
 画面千手堂の横、桁行四間、梁行三間、寄棟造の建物。

茶屋
 画面右、寄棟造の建物。

小川道
 画面右へと続く道。

奥ノ院道
 画面右、小川道と別れた道。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved