法楽寺蔵

〔御詠歌〕
障(さハ)りなす迷(まよひ)の雲(くも)を吹(ふき)はらし 月(つき)もろともにおがむ星(ほし)のせ

[奉額]
補陀(ふだ)らくの山は妙法(めうほう)蓮花草(れんげさう) 誰(たれ)も安座(あんざ)にこゝぞほしのや


正観音堂
 画面左、寄棟造、萱葺、向拝付の建物。
 現在は桁行五間、梁行五間、宝形造、銅板葺、向拝付。

ニ王門(仁王門)
 画面右、寄棟造、萱葺の門。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved