国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

検索結果(全文検索)

ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
【検索式】      《検索方法》 Powered by msearch
 86件ヒットしました。 1件目から86件目を表示します。
1. 黄泉路帰り,ヨモジガエリ,ヨミガエリ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
2.
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:死の予兆 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
3. 霊夢
の日に多くの道俗が読経する中、安座の姿で臨終した。 . . .
 
4. 雀,燕
) ■ 要約 昔、燕と雀の姉妹の所に親が臨終だとの知らせが来た。燕は着替えて盛粧をして行ったので、親の死に目に逢えず、雀は鉄漿をつけていただけで飛んで行ったので、親の死に目に逢うことができた。それで雀は美. . .
 
5. 雀,カワセミ
に帰ったがカワセミはめかし込んでいたので臨終に間に合わなかった。その為、雀はボロを着ているが米倉の横で米を食べ、カワセミは美しい着物を着つつも川の畔で泣いているのである。 . . .
 
6. 蛇身
と誓って、長寿である蛇身になろうと念じ、臨終にこの池の水を掬って亡くなった。その時池の水が動揺して、皇円は淵底で蛇になったという。 . . .
 
7.
州笠原ノ庄にある桜ガ池に住むと常に言い、臨終の時にこの池の水を取り寄せて掬った。その同じ頃に池では大いに逆波が起きたという。 . . .
 
8.
いので仏前にその金を供えてくれと頼んだ。臨終に近づいて、枕元に置いていた帯が蛇になった。また、男の死後、男の帯は蛇になり、男の腰に巻き付いていた。 . . .
 
9. 舎利
、寛永11年1月15日に念仏を唱えながら臨終を迎えた。彼を荼毘に付した後、その身体はことごとく舎利となり、また手にかけていた水晶の数珠も五色に輝き、舎利になったという。 . . .
 
10. 胸,迎え
約 昭和20年から25年までの話である。臨終を迎えた人が死の直前に「船が来た、船が来た」と言って死んだ。 . . .
 
11. 紫雲,舎利
8月13日、江州彦根の円常寺の実誉上人が臨終の際、仏殿の上に紫雲がたなびき、火葬の後で遺灰から舎利を得たという。 . . .
 
12.
■ 地域(区町村名) ■ 要約 父親の臨終が医者によって告げられたが、妻と長男は一心に神に30分ほど祈った。すると父親の手指の先が脈を打ち、それから3日間も生きながらえた。 . . .
 
13. 祐祟,瑞雲
したので、威儀を正して念仏を唱えたところ臨終したという。 . . .
 
14. 疝気の神さん
西垣家初代幸右衛門は疝気が持病であったが臨終に際し、この病に苦しむ者が多いので、死後は神となって救ってやると一言残して落命した。その遺言が世間に広がり、西垣家が参拝者の使を計り祠を作ったという。 . . .
 
15. 異香
で、西に向かって端座し、念仏を唱えながら臨終した。その時部屋中に異香が立ちこめ近隣にまで漂い、また紫雲がたなびいて五色の花びらが降ってきたという。 . . .
 
16. 猫,葬式
三島郡 ■ 地域(区町村名) ■ 要約 臨終の間際、ある老人が苦しんでなかなか息を引き取らないのを不思議に思った家人が、床下を覗いたところ、飼い猫が力んでおり、追い払うと老人は安らかに往生した。 . . .
 
17. 猫、禁忌
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
18. 猫、禁忌
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
19. 猫、禁忌
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
20. 猫、禁忌
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
21. 猫、禁忌
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
22. 猫、禁忌
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
23.
区町村名) ■ 要約 蜷川新右衛門親元が臨終の時、阿弥陀如来が紫雲に乗って影向してきたが、親元がこれを射ったところ狸だったという。 . . .
 
24. 毘沙門天
要約 沙門長慶は天狗に悩まされていたが、臨終の時には毘沙門天と四大天王が天狗を退けてくれた。 . . .
 
25. 死の穢れ,作物,家畜
地域(区町村名) 勝連比嘉 ■ 要約 臨終間近かになると、種物をすべて外に出す。死人が種の魂まで一緒に連れ出すので。 . . .
 
26. 死の穢れ,作物,家畜
死の穢れは作物や家畜に及ぶ。作物の場合、臨終の際に種が室内にあるとシー(魂)を取られ芽が出なくなってしまい、畑は死者が居座ることにより作物が立ち枯れる。家畜は死去した主人に付いていく。各地域により違いはあ. . .
 
27. 死の予兆,夢,田植え
域(区町村名) 吉田町 ■ 要約 病人が臨終を迎えるころに田植えの夢を見るとふこう(葬式)があるとか、烏が家の上で舞ったり烏鳴きが悪いとふこうがあるとか言う。 . . .
 
28. 死の予兆,カラス
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:死の予兆 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
29. 死に瀕する人の幻,タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
30. 桜が池
笠原庄桜が池で弥勒の出世を待とうと願い、臨終の時(使いの者が)池の水をすくったところ、池の水が大いに荒れた。それは皇円の入寂と同時であった。今でも静かな夜には鈴の音が池の周りで聞こえるという。この池では、. . .
 
31. 杖杉弘法大師
うと大師は小石に「衛門三郎再来」と書いて臨終前三郎の左手に握らせた。天長8年10月30日のことである。三郎の杖を大師が墓標に立てると,その杖から芽が出て杖杉と呼ばれる大杉となった。60年後,道後湯築城主河. . .
 
32. 悪霊
地域(区町村名) 知念久高 ■ 要約 臨終後、悪霊と化した死者の霊に魂を奪われる事を防ぐ為、家族以外は屋外に出る。 . . .
 
33. 幽霊
に墜ちたと言って奥州のある巡礼に託して、臨終の時に着ていた小袖を送ったという縁起である。 . . .
 
34. 天狗
名) ■ 要約 関東北条の12歳の孫娘が臨終の時に、僧都が祈祷をしようとすると、娘は天狗が憑いて種々のことを言った。 . . .
 
35. 天狗
要約 沙門長慶は天狗に悩まされていたが、臨終の時には毘沙門天と四大天王が天狗を退けてくれた。 . . .
 
36. 天狗
区 ■ 要約 東松が崎の日蓮宗の寺の僧が臨終の時、急に起き上がり周りをにらむと、目が輝き、鼻がみるみる高くなり、羽が生えて如意が岳の方向に飛んでいった。 . . .
 
37. 大男,山の主
家に帰り、このことは長らく黙っていたが、臨終の床で周りの人に始めて明かした。この大男は山の主だったのだろう。 . . .
 
38. 光明,本山権現
に忠実な婢女が重い病気になった。すると、臨終の間際に全身光となって飛び立った。行き先の森には、彼女愛用の木櫛が残されていたが姿はなく、後に夢想の告に従った人々が神として祀った。 . . .
 
39. 亀,ガメ,蚯蚓
良い。猫も殺した者の子孫7代に祟り、その臨終の時かわいそうだと言うと、その人に祟って奇形児を生ませる。ミミズに小便するとその祟りで陰茎が腫れるが、どれかミミズを水で洗ってやればよくなるという。 . . .
 
40. 不動明王
ので不思議に思っていると、夢で、二十年来臨終の魔障を祈る尼を助けに行っているのだと告げられた。 . . .
 
41. ユニクマイン
郡名) ■ 地域(区町村名) ■ 要約 臨終に立ち会う人は最後まで死の儀礼に参加しなければならない。それらの人は忌みをかぶる人々になり、俗にユニクマイン(種子が発芽しない状態)という。 . . .
 
42. ミヨウドリ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) 1982年 ■. . .
 
43. フクロウ,犬
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) 1982年 ■. . .
 
44. ネズミ
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:死の予兆 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
45. ツバメ
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:死の予兆 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
46. タマヨビ,ヨビモドシ
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:出歩く魂 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
47. タマヨビ
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:出歩く魂 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
48. タマヨビ
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:出歩く魂 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
49. タマセ
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:出歩く魂 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
50. タマセ
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:出歩く魂 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
51. タマセ
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:出歩く魂 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
52. タマシイ,知らせ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
53. タマシイ,知らせ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦. . .
 
54. タマシイ,知らせ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦. . .
 
55. タマシイ,知らせ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦. . .
 
56. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦. . .
 
57. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
58. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
59. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
60. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
61. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
62. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
63. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
64. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
65. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
66. タマシイ
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終 :知らせ・タマシイ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西. . .
 
67. タマシ
仙北郡 ■ 地域(区町村名) ■ 要約 臨終時に身体を抜け出た亡魂のことをタマシと呼ぶ。男のタマシは錠の口から、女のそれは水屋から入ると言われ、水屋で膳椀を鳴らす音等がすると、家人は親戚の女性の死を予感す. . .
 
68. シニジラメ,マミヤの中のシラメ
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:死に水 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 198. . .
 
69. ガキイド
病人がガキイドの水が飲みたいと言い出すと臨終間際だ」と語った。 . . .
 
70. カラス,風ガラス
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:死の予兆 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
71. カラス,漁ガラス
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:死の予兆 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
72. カラス,シケガラス
口嘉寿夫 ■ 論文名 第2編 2 4 1臨終:死の予兆 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編23 民俗2 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S59年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
73. カラス鳴き,カラス
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:死の予兆 ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) 19. . .
 
74. (臨死体験)
■ 地域(区町村名) 信楽町 ■ 要約 臨終の際、ある人が、「如来さんの橋が折れたので行けない」と叫んだ。 . . .
 
75. (死期を知る)
■ 地域(区町村名) 小国町 ■ 要約 臨終に近い人が、自分の死を知ることができる。 . . .
 
76. (俗信),猫,悪魔
■ 地域(区町村名) 大曲町 ■ 要約 臨終後、二十四時間を過ぎる迄は床に寝かしたままで枕元に逆さ屏風を廻はし、「シカ」という紙製の花を供える。「シカ」は「シキミ」であろう、同時に枕元に刀を置く、これは悪. . .
 
77. (俗信),猫
近親の者が枕頭に集まって夜とぎをするが、臨終には水をつけると稱し紙片を水に浸し唇をうるおして最後を悲しむのである。息を引き取ると行儀をさせるといって脚を揃え両膝を曲げ合掌せしめ頭を北西に臥し白衣を布団の上. . .
 
78. (俗信),幽霊
町村名) 下甑町 ■ 要約 瀬々の浦では臨終に際し、幽霊になって親しむ者の家々を、生前の御礼を言って廻ると言う。青瀬や片の浦では死んでからお礼に廻るという。 . . .
 
79. (ヨミジガエリ)
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
80. (ヨミジガエリ)
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
81. (ヨミジガエリ)
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
82. (ヨミジガエリ)
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
83. (ヨミジガエリ)
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
84. (ヨミジガエリ)
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
85. (ヨミジガエリ)
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
86. (ヨミジガエリ)
周野 ■ 論文名 第2編 2 第4節 1臨終:ヨミジガエリ ■ 書名・誌名 新潟県史 資料編22 民俗1 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 新潟県 ■ 発行年月日 S57年3月31日 ■ 発行年(西暦) . . .
 
国際日本文化研究センター データベースの案内