国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

検索結果(全文検索)

ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
【検索式】      《検索方法》 Powered by msearch
 5件ヒットしました。 1件目から5件目を表示します。
1. 阿闍梨池
要約 建久9(1198)年正月18日,皇円阿闍梨が弥勒菩薩の来迎を待つため龍神となって善光寺如来堂に来た。混同を7度巡り,傍らにあった沼(阿闍梨池)に入った。この沼は今は小さくなっているが,毎年如来印文. . .
 
2. 蛇身
から東南三里に桜が池がある。法然の師匠の皇円が弥勒の出世を待つと誓って、長寿である蛇身になろうと念じ、臨終にこの池の水を掬って亡くなった。その時池の水が動揺して、皇円は淵底で蛇になったという。 . . .
 
3. 毒蛇
り、白い角が生えていた。また肥後の阿闍梨皇円の霊魂がこの池に入ったとも言われる。 . . .
 
4. 桜が池
地域(区町村名) ■ 要約 備後阿闍梨皇円が、蛇身となって遠江国笠原庄桜が池で弥勒の出世を待とうと願い、臨終の時(使いの者が)池の水をすくったところ、池の水が大いに荒れた。それは皇円の入寂と同時であった. . .
 
5. 奇験,器物
付から東南三里に桜が池がある。法然の師、皇円が淵底で蛇になっているという。そこに曲げ物に載せた御供飯を浮かべると、軽いにもかかわらず水中に引き込まれる。 . . .
 
国際日本文化研究センター データベースの案内