国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

検索結果(全文検索)

ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
【検索式】      《検索方法》 Powered by msearch
 95件ヒットしました。 1件目から95件目を表示します。
1.
地域(区町村名) 西米良村 ■ 要約 取りの兄弟がいた。兄は上質のを取っては竹筒に入れて淵に沈めていた。弟もそのを見つけて売るようになったので、弟を脅すため、兄は木彫りの龍を買ってきて淵に沈めた. . .
 
2. 鹿島神社のご神体
(漢字) 鹿島神社のご神体 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
3. 魔物
ノ ■ 呼称(漢字) 魔物 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:14 葬制 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
4. 鬼,釈迦
■ 呼称(漢字) 鬼,釈迦 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:1 節分と初午 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
5.
オニ ■ 呼称(漢字) 鬼 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:11 十三月 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
6. 長者ヶ原
り、その跡が点々と小池や水溜りとなった。万杯と朱万杯は運びかねて残していったので、沼の近くの原を馬が歩くと蹄にや朱がつくという。 . . .
 
7. 針千本
■ 呼称(漢字) 針千本 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 五:2 針千本 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
8. 針千本
■ 呼称(漢字) 針千本 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 五:2 針千本 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
9. 観音様
■ 呼称(漢字) 観音様 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
10.
を見つけた。中には一匹の蛇がいて、底にはのようなものがたまっていた。それらを持って帰り、壷は和尚さんに上げて、蛇は隣の爺さんにあげた。それから爺さんの家は目に見えて暮らしが良くなった。噂では蛇のお告げ. . .
 
11. 薬師様
■ 呼称(漢字) 薬師様 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:5 卯月八日 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
12. 薬師様
■ 呼称(漢字) 薬師様 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:5 卯月八日 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
13. 薬師の面
区町村名) ■ 要約 山田寺の薬師の面のを塗り替えるために、京都の屋へ送ったが、その木が大金になるというので他の木で面を作り送り返した。すると面が怒ったので、八代の山田寺へ帰れと言って面を海へ投げた. . .
 
14. 舟ユウレイ,ボコレン
字) 舟ユウレイ,ボコレン ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
15. 舟ユウレイ,ボコレン
字) 舟ユウレイ,ボコレン ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
16. 舟ユウレイ
呼称(漢字) 舟ユウレイ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
17. 舟ユウレイ
呼称(漢字) 舟ユウレイ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
18. 舟ユウレイ
呼称(漢字) 舟ユウレイ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
19. 舟ユウレイ
呼称(漢字) 舟ユウレイ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
20. 舟ユウレイ
呼称(漢字) 舟ユウレイ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
21. 舟ユウレイ
呼称(漢字) 舟ユウレイ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
22. 紫石,龍の都,硯
れを買い取って硯にしたところ、擦った墨はのように密であり、水は数日たっても一向に減らないという。 . . .
 
23. 祟り
リ ■ 呼称(漢字) 祟り ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:3 漁獲物の分配 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日. . .
 
24. 神様
前の粥に、切りかけした20~30センチのの木(無いときははぜの木)をつけて、柱を叩いて回る。その時に「この暮より神様早く来て下さい」と祈る。 . . .
 
25. 神さま,神送り
称(漢字) 神さま,神送り ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
26. 神さま,神送り
称(漢字) 神さま,神送り ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
27. 神さま,神送り
称(漢字) 神さま,神送り ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
28. 神さま,神送り
称(漢字) 神さま,神送り ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
29. 神さま,神送り
称(漢字) 神さま,神送り ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
30. 神さま,神送り
称(漢字) 神さま,神送り ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
31. 神さま,神送り
称(漢字) 神さま,神送り ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
32.
カミ ■ 呼称(漢字) 神 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
33.
カミ ■ 呼称(漢字) 神 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
34.
カミ ■ 呼称(漢字) 神 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
35.
カミ ■ 呼称(漢字) 神 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
36.
カミ ■ 呼称(漢字) 神 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:3 神送り・神迎え ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31. . .
 
37. 猫,枕なおし,魔物の魂
) 猫,枕なおし,魔物の魂 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:14 葬制 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
38.
ガニトウトオミノカミの遺臣淸野孫右衛門が沢集落に来て、肝煎になった。その五代目が武家復興を月山権現に念じて二十一日の願掛けをした。途中、痩せた狐の親子に赤飯を振る舞ってやった。満願の日、德川の家老オニ. . .
 
39. の実の様な物
の実の様な物 ■ 番号 6460053 ■ 呼称(ヨミ) (ウルシノミノヨウナモノ) ■ 呼称(漢字) の実の様な物 ■ 執筆者 本島 知辰 ■ 論文名 月堂見聞集(下) ■ 書名・誌名 続日本随. . .
 
40. 源太郎婆
■ 呼称(漢字) 源太郎婆 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:7 海祭・水祭 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
41. 海神様
■ 呼称(漢字) 海神様 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:8 あまの生活 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
42. 海獣,海坊主
るという。その形は人に似て大きく、全身はのように黒く、半身を海上に現す。 . . .
 
43. 河童
パ ■ 呼称(漢字) 河童 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 五:1 川渡り朔日 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
44. 河童
パ ■ 呼称(漢字) 河童 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 五:1 川渡り朔日 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
45. 死人
ン ■ 呼称(漢字) 死人 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:14 葬制 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
46. 死人
ン ■ 呼称(漢字) 死人 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:14 葬制 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
47. 朝日長者,長寿
たと噂され、「朝日さし夕日輝くその下に、万杯、黄金億々」と言われた。長者が没落するとき、1人の女中が庭の小池の小魚をとって食べたところ、何年たっても老いず、上方の実家に帰って長寿したという。 . . .
 
48. 怪淵,獅子の頭
要約 備中松山から作州の温泉への行路に、淵という淵がある。ある兄弟が淵の底でや高価な物を発見した。弟が独り占めしようと獅子の頭のようなものを作り淵に沈めた。兄がそれに驚き逃げたので弟が取りに潜ったと. . .
 
49.
カゲ ■ 呼称(漢字) 影 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:6 松の内 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
50.
カゲ ■ 呼称(漢字) 影 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:6 松の内 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
51.
カゲ ■ 呼称(漢字) 影 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:6 松の内 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
52. 幽霊
死んでも再婚せず、死んでも葬らずに身体にを塗ってお堂に供えるように約束していた。そのうち、妻が死んだ。夫はしばらくして後妻をもらった。夫が旅に出たとき、前妻の幽霊が後妻の咽に喰らいついて殺してしまった. . .
 
53. 山神様,山の神
称(漢字) 山神様,山の神 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:2 山の神前後 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
54. 山の神
■ 呼称(漢字) 山の神 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:2 山の神前後 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
55. 天狗さん
たといった。それは菊の御紋章がついている塗りのもので、現在も天狗社にその箱が伝わっているがけして中を見せないという。 . . .
 
56. 大黒様
■ 呼称(漢字) 大黒様 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
57. 大蛇
づくと匂う。一升瓶ぐらいの大きさで、色は黒である。近所の草原でとぐろを巻いて5日ほど大いびきをかいて寝ていた。 . . .
 
58. 六ツ地蔵,山犬
山犬に案内されて国境を越え、三河の富山村島に着いたという。山犬はこの地方では山の神の使いとも、山の主とも考えられている。 . . .
 
59. 亡霊
といった。あるとき放し飼いの馬の片足に朱がくっついていたので、金もあるだろうと探しまわったことがあるという。 . . .
 
60. 七草粥
■ 呼称(漢字) 七草粥 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:7 七草前後 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
61. ユスリ小屋,天狗
掲載箇所・終了頁 ■ 話者(引用文献) 原 俊 ■ 地域(都道府県名) 神奈川県 ■ 地域(市・郡名) ■ 地域(区町村名) ■ 要約 丹沢山中にユスリ小屋があって、小屋ぐるみゆさゆさする。 . . .
 
62. ヤサブロババ,ヤマンババ
約 アリシマというところで男が木に登って掻きをしていたらヤマンババが襲い掛かってきたので、鎌で片腕を切り落とした。家に帰ると母親が苦しんでいる。男は見当がついたので「珍しいものを見せてやる」とヤマンバ. . .
 
63. モンノコシ長者,疫病
え、22日目に鈴の音は止んだ。黄金万杯と万杯が長者屋敷の近くに埋められているという。 . . .
 
64. ミナガ,シロウチ
り口を通って入るようになっている。普段は喰で固められ、めったに開くことはない。このシロウチをカミガミが四方八方から守護していることになる。 . . .
 
65. ヘビ
ビ ■ 呼称(漢字) ヘビ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:6 五月節句 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
66. デクサマ,コマイヌ
漢字) デクサマ,コマイヌ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
67. オジ蛇
という意味からオジと名づけられた。それは黒の色をしており、人に害を与えるものではない。 . . .
 
68. エビス,大黒
呼称(漢字) エビス,大黒 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
69. エビス様,神送り
(漢字) エビス様,神送り ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
70. エビス様,神迎え
(漢字) エビス様,神迎え ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
71. エビス様
■ 呼称(漢字) エビス様 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
72. エビス様
■ 呼称(漢字) エビス様 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:10 海と信仰 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
73. はつごえ
■ 呼称(漢字) はつごえ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:5 仕事はじめ ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
74. はつごえ
■ 呼称(漢字) はつごえ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:5 仕事はじめ ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
75. はつごえ
■ 呼称(漢字) はつごえ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:5 仕事はじめ ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
76. はつごえ
■ 呼称(漢字) はつごえ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:5 仕事はじめ ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
77. はつごえ
■ 呼称(漢字) はつごえ ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 一:5 仕事はじめ ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 . . .
 
78. てんぐんさん
われて、送られた。そのとき手にさせられた塗りの4尺棒がその家にあったが、火事で焼けてしまった。 . . .
 
79. お精霊さん
呼称(漢字) お精霊さん ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 三:3 盆中行事 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
80. お精霊さん
呼称(漢字) お精霊さん ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 三:3 盆中行事 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
81. お伊勢の田植え
称(漢字) お伊勢の田植え ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:6 五月節句 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
82. お伊勢の田植え
称(漢字) お伊勢の田植え ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:6 五月節句 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
83. お伊勢の田植え
称(漢字) お伊勢の田植え ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:6 五月節句 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
84. お伊勢の田植え
称(漢字) お伊勢の田植え ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 二:6 五月節句 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
85. おなんガ淵
町の宝鏡寺に保管されているが、それは黒い塗りで、それに朱で稲の蒔絵が描いてあるという。 . . .
 
86. おさわ狐
■ 呼称(漢字) おさわ狐 ■ 執筆者 原 弥一 ■ 論文名 おさわ狐 ■ 書名・誌名 民俗静岡 ■ 巻・号/通巻・号 通巻8号 ■ 発行所 静岡民俗の会 ■ 発行年月日 S47年10月 ■ 発行年(. . .
 
87. えびす様
■ 呼称(漢字) えびす様 ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 四:5 えびす講 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■. . .
 
88. (死者)
■ 呼称(漢字) (死者) ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:14 葬制 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
89. (死者)
■ 呼称(漢字) (死者) ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:14 葬制 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
90. (死者)
■ 呼称(漢字) (死者) ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第二章 二:14 葬制 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
91. (椀貸淵)
家と夏狩の宝鏡寺に保管されているが、黒い塗りの膳に朱で稲穂の絵が描いてあるという。 . . .
 
92. (姑と嫁)
呼称(漢字) (姑と嫁) ■ 執筆者 間元三 ■ 論文名 第八章 五:2 針千本 ■ 書名・誌名 富山県史 民俗編 ■ 巻・号/通巻・号 ■ 発行所 富山県 ■ 発行年月日 S48年3月31日 ■ . . .
 
93. (変色する石)
村名) 中央区 ■ 要約 上槇町で地面に喰のかたまりがあったので、下男に薪割りで打たせたが割れず、げんのうで強く打つと割れた。中から手毬ほどで手触りがよく、見慣れない石が出てきた。翌日の夕方取り出して. . .
 
94. (俗信)
■ 要約 眼病、感冒、歯、いぼ、痘瘡、のかぶれなどに関する俗信。はやり目になると「はやり目大売出し」と書いて電柱にはりつけておくと一番はじめに読んだものに感染し、読んだものがあれば治る。抜歯したとき. . .
 
95. (俗信)
) 清内路村 ■ 要約 産湯を沸かす時、板などの製品の一部を使って火を焚くと、その子供はかぶれをしないという。 . . .
 
国際日本文化研究センター データベースの案内