国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

検索結果(全文検索)

ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
【検索式】      《検索方法》 Powered by msearch
 23件ヒットしました。 1件目から23件目を表示します。
1. 馬放島,経津主命,武甕槌命
地域(区町村名) 七ヶ浜町 ■ 要約 塩釜の祭神である経津主命(ふつぬしのみこと)、武甕槌命(たけみかつちのみこと)の二神が、白馬に乗り、天降った島。塩釜神社の神馬が年老いるとこの島に放し飼いにした。 . . .
 
2. 香背男,魔神
■ 地域(区町村名) 浦戸 ■ 要約 塩釜明神が陸奥に降臨した際、香背男(かしろを)という魔神を桂島に追い、森と白崎山の間の海岸に二度くだり、魔神をトヤケ山で討ちとった。ここを鬼ヶ浜、死体を埋めた所を香. . .
 
3. 釜沈池
■ 地域(区町村名) 若林区 ■ 要約 塩釜の神が釜を運ぶ途中、円福寺の庭にあった池に、釜の1つを落としていったという。 . . .
 
4. 釜ヶ渕,塩釜神社
釜ヶ渕,塩釜神社 ■ 番号 C0410724-000 ■ 呼称(ヨミ) カマガフチ,シオガマジンジャ ■ 呼称(漢字) 釜ヶ渕,塩釜神社 ■ 執筆者 三原良吉 ■ 論文名 伝説:水の部 ■ 書名・誌名. . .
 
5. 紫,藤の木
箇所・終了頁 ■ 話者(引用文献) (『塩釜勝譜』) ■ 地域(都道府県名) 宮城県 ■ 地域(市・郡名) 塩釜市 ■ 地域(区町村名) ■ 要約 塩釜神社では、紫を禁色としている。塩釜神社の神が、藤の木. . .
 
6. 神験,奇瑞
) ■ 地域(区町村名) ■ 要約 奥州塩釜明神のお供えを粗末に扱ったところ、たちまち盲目になった。 . . .
 
7. 神験
とは出来ないと答えたが、気の毒なので奥州塩釜明神のお供えを与えたところ治った。 . . .
 
8. 白狐の宝珠の玉
で、巫女によると、京都伏見稲荷から奥州の塩釜さまにおつかいに行く途中で落としたものだと言う。 . . .
 
9. 疫病
市川 ■ 要約 壷の碑を立石、城跡西側塩釜街道の坂の路傍横に倒れている弘安10年の板碑を伏せ石という。五万崎の角、名古曾川と砂押川の合流点の河中にあった流れ石は、所在を失した。伏せ石を立てると、必ず疫病. . .
 
10.
ったという。そして童子は六太夫に、国主が塩釜ノ崎、松ガ浜に御出馬する日を教え、その時六太夫が笛を吹けば吉事があると言い残して消えた。六太夫がそのとおりにすると、海上三十里も離れた国主の所に笛の音が届き、感. . .
 
11. 牛石
■ 地域(区町村名) 一森山 ■ 要約 塩釜神社の境内東の池の中にある長さ6尺ほどの寝牛の石。目、鼻、角、耳のついている自然石で、常は水面から背中だけ出す。7月6日の池さらいのときだけ見ることができる。塩. . .
 
12. 標石
の底を突き破るので、この暗礁を目標として塩釜の神は難をさけた。 . . .
 
13. 御釜社,竜神
は加美郡色麻村の四釜、二口は肝沢郡水沢の塩釜、一口は黒川郡富谷町志戸田、一口は仙台市石名坂円福寺にあるという。汐を駄送したとき、和加佐彦命が童形に化し、紫の腹かけを着けて牛を牽いた。牛はのちに石と化して牛. . .
 
14. 影向石
■ 地域(区町村名) 一森山 ■ 要約 塩釜神社の東南、七曲坂の下にあり、神の姿が映るという光沢のある石。高さ8尺、幅3尺。 . . .
 
15. 夜盗島,神釜
塩竃市 ■ 地域(区町村名) ■ 要約 塩釜の神釜の1つを盗んで舟で通る時、手足がしびれたので、近くの釜ヶ渕に捨てた。 . . .
 
16. 多羅葉樹,卜占
■ 地域(区町村名) 一森山 ■ 要約 塩釜神社の拝殿前にある多羅葉樹の神木を「なんじゃもんじゃ」という。昔、吉凶禍福を、神前で葉をあぶって卜占したという。 . . .
 
17. 塩釜翁神
塩釜翁神 ■ 番号 C0410893-000 ■ 呼称(ヨミ) シオツチノオジ ■ 呼称(漢字) 塩釜翁神 ■ 執筆者 三原良吉 ■ 論文名 伝説:祠堂の部 ■ 書名・誌名 宮城縣史 民俗3 ■ 巻・. . .
 
18. 塩釜
塩釜様 ■ 番号 1140026 ■ 呼称(ヨミ) シオガマサマ ■ 呼称(漢字) 塩釜様 ■ 執筆者 又吉 葉子 ■ 論文名 小津年中行事―旧南多摩郡恩方村小津― ■ 書名・誌名 西郊民俗 ■ 巻・. . .
 
19. 塩釜さん
塩釜さん ■ 番号 2363054 ■ 呼称(ヨミ) シオガマサン ■ 呼称(漢字) 塩釜さん ■ 執筆者 國學院大學民俗学研究会 ■ 論文名 岐阜県揖斐郡谷汲村 ■ 書名・誌名 民俗採訪 ■ 巻・号. . .
 
20. 口裂け女
府県名) 宮城県 ■ 地域(市・郡名) 塩釜市 ■ 地域(区町村名) ■ 要約 口裂け女。美人、長髪でズルズルの長い服を着て、マスクをしている。背中に鎌を背負っている。対処法はポマードあるいはベッコウアメ. . .
 
21. 加茂神社,疱瘡除け
約 古内加茂神社は伊達綱村が、元禄年中に塩釜の社地から遷座。上加茂、下加茂の両社殿が紅殻塗りであるので疱瘡除けの俗信がある。竜田山から移植された石段脇の大楓が神木である。疱瘡の禁忌と紅葉が結びつく。 . . .
 
22. ダイシコウサマ
日は、ダイシコサマが来る。ダイシコサマは塩釜に足を突っ込んで片足がないので、供え物に塩を入れない。 . . .
 
23. ちやせご,疱瘡,虫除け
執筆者 村上 辰午郎 ■ 論文名 仙台、塩釜、松島 ■ 書名・誌名 旅と伝説 ■ 巻・号/通巻・号 2巻9号通巻21号 ■ 発行所 三元社 ■ 発行年月日 S4年9月1日 ■ 発行年(西暦) 1929年 . . .
 
国際日本文化研究センター データベースの案内