国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 C2030473-003

呼称(ヨミ) ヤマイヌ,バケモノ,タヌキ
呼称(漢字) 山犬,化け物,たぬき

執筆者

論文名 第12編 口頭伝承 第3章 世間話:3 おおかみ・山犬の話 (3)駒ケ岳の山犬

書名・誌名 長野県史 民俗編 中信地方 ことばと伝承
巻・号/通巻・号 3巻3号
発行所 長野県史刊行会
発行年月日 H2年2月28日
発行年(西暦) 1990年
開始頁 501
終了頁 502

掲載箇所・開始頁 501
掲載箇所・終了頁 502

話者(引用文献)

地域(都道府県名) 長野県
地域(市・郡名) 木曽郡
地域(区町村名) 上松町

要約 天神宮へ生贄に出された娘をさらった3人の男は、「伊那の早太郎」を恐れていた。これを知った神主は、伊那で早太郎なる人物を探し回った。ところが早太郎とは人間ではなくてある寺の和尚に育てられた山犬であった。事情を話すと早太郎は神主に着いて行って、化け物を退治することになった。祭りの晩、例によって娘が入った箱を見張っていると、得体の知れない化け物が3人やってきて娘をさらおうとした。早太郎は化け物に喰いついたところ、こうのついたたぬきであったという。また早太郎も、そのたぬきにやられ死んでしまった。早太郎は死後、元の寺に祀られたという。

国際日本文化研究センター データベースの案内