国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 3660006

呼称(ヨミ) メイドウ,タタリ,オノノケヒト,オニビ
呼称(漢字) 鳴動,祟り,小野毛人,燐火

執筆者 岸誠之

論文名 桑楊庵一夕話

書名・誌名 日本随筆大成第二期
巻・号/通巻・号 13巻
発行所 吉川弘文館
発行年月日 S49年7月10日
発行年(西暦) 1974年
開始頁 303
終了頁 374

掲載箇所・開始頁 358
掲載箇所・終了頁 362

話者(引用文献)

地域(都道府県名) 和歌山県
地域(市・郡名)
地域(区町村名)

要約 紀伊国高野川の北に非常に険しい山があった。この山に人が登る事があると忽ち鳴動し、樵夫が木を伐ると祟りをなして病気になるという。ある至孝の農民が、病床の母に頼まれた山鳥を狩りに山に入り、鳥は得たが道を失った。杉の陰に燐火と思うものが燃え農民を呼ぶ声がした。見ると貴人がいて、自分が祟りをなしていた、地面の下を探って寺に移してほしいと言う。山を下りて後、法師と山を探ると骨があり、それは小野毛人のものであった。

国際日本文化研究センター データベースの案内