国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 1232931

呼称(ヨミ) カッパ,アマゴゼンサマ
呼称(漢字) 河童,海御前様

執筆者 須田 元一郎

論文名 九州北部の伝説玩具

書名・誌名 旅と伝説
巻・号/通巻・号 8巻8号通巻92号
発行所 三元社
発行年月日 S10年8月1日
発行年(西暦) 1935年
開始頁 75
終了頁 81

掲載箇所・開始頁 79
掲載箇所・終了頁

話者(引用文献) (『甲子夜話』)

地域(都道府県名) 福岡県
地域(市・郡名) 北九州市
地域(区町村名)

要約 大積の天疫神社は、平家の大将能登守教経の奥方が壇ノ浦の戦いのときに波間に投じ、ここの海場に流れ着いたのを里人が祀ったという。この女が神となって、海御前様と呼ばれ河童の総元締めになった。5月節句に河童を集めて、「蕎麦の花の咲かぬうちにもどれ(蕎麦の花は源氏の白旗のように白いので)、敵方にあらざる人畜の命は無暗にとってはならぬ」と厳命して解散するという。それから彼らは思い思いに遊びまわり、秋口蕎麦の花の咲くころに山に引き上げるのだという。

国際日本文化研究センター データベースの案内